トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

目立つ銀歯をセラミックで白くする審美歯科治療3

新潟市西区小針7-5-13でホワイトニング審美歯科治療に邁進している松田歯科医院です。『ホワイトニング・サロン』完備。
Tel.025-234-1112、E-mail:white_kobari@nifty.com

Kさんのお仕事が忙しかったこともあって、型取りをしてから少し日数が経ちましたが無事にセラミック・インレーを接着することができました。

治療の前は冷たいものがしみていたとのことで、虫歯は神経に近づいていたのですが、歯の中に侵入した細菌を除菌するために抗菌剤を使用し、治療後に再感染が起きることが無いように歯に接着する硬い封鎖材でフタをしておいたので、しみる症状は落ち着き麻酔が切れた後もほとんど痛みはなかったとのことでした(^^)

さすがに技工士さん本人が時間をかけて作成しただけあって、形態、色調ともに天然の歯にしっかりと調和していました。

慎重に噛み合わせを調整した後に、歯とセラミック双方にしっかり接着するセメントでインレーを詰めました。

この写真は接着して一ヶ月ほど経過してから撮影したものですが、しみる症状はまったく無くなり、食事の際にも違和感を感じることなく使っていただいています。

Photo_2 

2回の治療で自然な白い歯を復活させることができて、患者さん、診療所スタッフ、歯科技工士さん皆が満足できる治療を実現できました。

こちらの記事へのご質問がありましたら、簡単な内容で結構ですのでメールをお送りください。担当者が丁寧にお答えいたします。

2010年5月27日 (木)

銀の詰め物をセラミックで白くする審美歯科治療1(新潟市 西区)2

新潟市西区小針7-5-13でホワイトニング審美歯科治療に邁進している松田歯科医院です。『ホワイトニング・サロン』完備。
Tel.025-234-1112、E-mail:white_kobari@nifty.com

虫歯になってしまった部位を削り取り、抗菌剤で歯の無菌化を図った後に型取りをします。

Kさんは歯科技工士さんなので自分の歯を自分で納得がいくまで作り直すことができます。今回は2つ作成してみたとのことです(^^)

作業の流れを写真に残してもらったので、各ステップを簡単にご説明します。

1)歯型を基にしてワックスで冠の形を作ります。

固めのワックスに彫刻刀で附形します。しっかり噛めて周囲の歯・歯肉と調和した上で、美しい天然の歯の形を再現します。技工士さんのセンスが発揮される工程で、かみ合わせの溝がリアルですね。

5

2)ワックスで作成した冠で鋳型を作ります。

Photo

3)鋳型にセラミックスを鋳込みます。

手順としては金属の歯を作る際と共通点が多く、技工士さんが日頃から培っている技術を生かすことができる材料です。

従来のセラミックは少しずつ数層に分けて焼き上げながら形状・色調の調整を行うため、歯に正確に合う冠を作り上げるためには非常に手間がかかる上、衝撃に弱いという欠点がありました。

エンプレスe.maxは高圧で鋳込むことにより密度の高い均一なセラミックス体を作成できるので、耐久性と審美性を非常に高い次元で両立できるのです。

Photo_3

自然な白い歯を復活させることができて、患者さん、診療所スタッフ、歯科技工士さん皆が満足できる治療を実現できました。

こちらの記事へのご質問がありましたら、簡単な内容で結構ですのでメールをお送りください。担当者が丁寧にお答えいたします。

 

2010年5月25日 (火)

銀の詰め物(インレー)をオールセラミックで白くする審美歯科治療(新潟市 西区)

新潟市西区小針7-5-13でホワイトニング審美歯科治療に邁進している松田歯科医院です。『ホワイトニング・サロン』完備。
Tel.025-234-1112、E-mail:white_kobari@nifty.com

Kさんの審美歯科治療の続きを書く予定でしたが、本日は当ブログ経由で治療を希望された患者さんが松田歯科医院に来院されました。初めてのケースなので、とても嬉しいです( ´;ω;`)ブワッ

右下奥歯の銀歯が外れていましたが、神経の反応は正常だったので本日型取りを行い、来週セラミック・インレーで修復の予定です。

ホワイトニングも考えていらっしゃいますので、通常よりやや明るめの色調でインレーを作成してもらって、周囲の歯との調和を図ります。

親知らずの手前の歯なので、噛む力が強くかかり従来のセラミックやハイブリッド材料では破折の危険性が高かったのですが、イボクラール社のエンプレスe.maxは強度と審美性を非常に高い次元で両立させているので安心してインレーをお勧めできます。

技工士さんがきっと素晴らしいインレーを作成してくれるはずなので、来週がとても待ち遠しいです(*^-^)

100525_2

100525_3

こちらの記事へのご質問がありましたら、簡単な内容で結構ですのでメールをお送りください。担当者が丁寧にお答えいたします。

2010年5月23日 (日)

銀の詰め物をセラミックで白くする審美歯科治療1(新潟市 西区)

新潟市西区小針7-5-13でホワイトニング審美歯科治療に邁進している松田歯科医院です。『ホワイトニング・サロン』完備。
Tel.025-234-1112、E-mail:white_kobari@nifty.com

歯科技工士のKさんが、右下7番(一番奥の歯です)がしみるようになったとのことで、エンプレスe.Maxを用いたセラミック・インレーで治療することになりました。

Kさんには当院の患者さんの技工物を多数製作していただいて大変お世話になっているので、いつも以上に気合が入ります┗(^o^)┛

できる限り、痛みを少なく、歯の中の神経を残したうえで自然な白い歯を再現するために全力を尽くします!

100523_3

こちらの記事へのご質問がありましたら、簡単な内容で結構ですのでメールをお送りください。担当者が丁寧にお答えいたします。

 

トップページ | 2010年6月 »

カテゴリー

2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ