« 結婚式を控えてホーム・ホワイトニングで歯を白く改善(新潟市 西区) | トップページ | 矯正治療終了後に歯のすきまをセラミックで審美的に改善 »

2010年9月 1日 (水)

銀の詰め物をセラミックで白くする審美歯科治療(新潟市 西区)9

新潟市西区小針7-5-13でホワイトニング審美歯科治療に邁進している松田歯科医院です。『ホワイトニング・サロン』完備。
Tel.025-234-1112、E-mail:white_kobari@nifty.com

Shinbi1

右下4番と右下5番の間にデンタル・フロスを通すと4番に痛みを感じると患者さんから相談がありました。

レントゲンで確認したところ、右下4番が5番と接している部分に大きな虫歯ができていました。

少しわかりづらいですが、写真で一番上に写っている右下4番と銀歯との間に黒い筋が透けて見えます。

歯と歯の間にできた虫歯が外から見える場合は、深く進行しているケースがとても多いのです(^^;

患者さんと相談して、以前から気になっていた右下5番の銀歯をはずして4番を削る量は最小限に抑えた治療(MI)を行い、5番にはセラミック・インレーを装着することになりました。

5番の銀歯を除去して確認したところ、4番の虫歯は神経の近くまで進行していましたが注意深く細菌の感染した部分のみを削除して詰め物を行いました。

その後5番の型取りを行い、昨日セラミック・インレーを接着しました。

右下4番の虫歯が神経までかなり接近していたので心配だったのですが、治療後は痛みを感じることも無くなったとのことでホッとしました(^^)

Shinbi2

インレーの材質はエンプレス、接着にはマルチリンクを使用しました。

2回の治療で自然な白い歯を復活させることができて、患者さん、診療所スタッフ、歯科技工士さん皆が満足できる治療を実現できました。

こちらの記事へのご質問がありましたら、簡単な内容で結構ですのでメールをお送りください。担当者が丁寧にお答えいたします。

« 結婚式を控えてホーム・ホワイトニングで歯を白く改善(新潟市 西区) | トップページ | 矯正治療終了後に歯のすきまをセラミックで審美的に改善 »

審美歯科 新潟市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 結婚式を控えてホーム・ホワイトニングで歯を白く改善(新潟市 西区) | トップページ | 矯正治療終了後に歯のすきまをセラミックで審美的に改善 »

カテゴリー

2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ