« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

ブログをご覧になって新潟市中央区から来院された患者さん

新潟市西区小針7-5-13でホワイトニング審美歯科治療に邁進している松田歯科医院です。『ホワイトニング・サロン』完備。

Tel.025-234-1112、E-mail:white_kobari@nifty.com

左下の4番と5番の詰め物が取れたため新潟市中央区から来院されたSさんです。

保険適用の白いプラスチックで作製したCRインレーが装着されていましたが、強度が高くないため破折してしまいました(´・ω・`)

インレーと歯の隙間から細菌が侵入して、虫歯も再発しています。

Photo

イボクラール社のナノフィラー型ハイブリッドレジン(SRアドーロ)を用いて、ハイブリッド・インレーを作製することになりました。

虫歯になっている部分以外は極力削らないように細心の注意を払って、来院当日に型取りを行いました。

Set

一週間後に完成したハイブリッド・インレーを装着できましたヽ(´▽`)/

ナノフィラー型のハイブリッド・レジンを使用しているので、時間が経ってもツヤが失われにくく、磨り減りが急速に進む心配も少ないのです。

セメントはSRアドーロを開発したイボクラール社マルチリンクを使用しました。

2回の治療で自然な白い歯を復活させることができて、患者さん、診療所スタッフ、歯科技工士さん皆が満足できる治療を実現できました。

こちらの記事へのご質問がありましたら、簡単な内容で結構ですのでメールをお送りください。担当者が丁寧にお答えいたします。

 

2011年2月27日 (日)

金属のバネを使用せずに入れ歯を作製した患者さん-四人目-

新潟市西区小針7-5-13でホワイトニング審美歯科治療に邁進している松田歯科医院です。『ホワイトニング・サロン』完備。

Tel.025-234-1112、E-mail:white_kobari@nifty.com

歯周病のメンテナンスで毎月通院していただいているKさんです。

以前から違和感を訴えられていた左下6に痛み、腫れが強く見られたため残念ながら抜歯となりました(ノд・。)

Photo

既に左下7も失われていたため、左下の噛み合わせを回復するために取り外し可能な入れ歯を作製する必要が生じましたが、Kさんは金属製のバネが見える義歯には難色を示されました。

また、極力違和感の少ない入れ歯を希望されたので、比較的柔らかめで弾性の高いナイロン系素材のポリアミドを主体としたルシトーンFRSでノンクラスプ義歯を作製することにしました。

Photo_2

歯肉に近いピンク色の素材なので見た目の違和感が少なく、弾性を生かして左側の残存歯のみで支えるシンプルな義歯を作製することができました(*^-^)

初めて入れ歯を使われるKさんも、痛みを感じずに使用していただけてホッとしています。

型取りを含めて2回の治療で自然な白い歯を復活させることができて、患者さん、診療所スタッフ、歯科技工士さん皆が満足できる治療を実現できました。

こちらの記事へのご質問がありましたら、簡単な内容で結構ですのでメールをお送りください。担当者が丁寧にお答えいたします

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

カテゴリー

2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ