気になる治療の期間・費用は?

 新潟市でホワイトニング・審美歯科治療

治療にかかる時間、期間は?
神経が生きていて特に自覚症状のない歯であれば、1回目の治療で型取りと同時に虫歯の治療も行い30分〜1時間で終了します。
虫歯が無ければ1回目の治療に要する時間は短かくなります。
2回目の治療で詰め物を調整して歯に接着します。およそ30分前後で終了します。
隣同士の歯であれば、同時に型取り、接着を行うことが可能ですが、2回目の治療で行う噛み合わせの調整にはほぼ倍の時間がかかりますので、1時間程度が目安となります。

以前の治療で歯の中の神経が抜いてある場合、歯の根の中に侵入した細菌を除菌する治療が必要になることが多いです。
通常、歯の根の中に抗菌薬を貼薬する治療を1回か2回行って、根の中が消毒されたことを確認してから、神経が生きている歯と同様に型取りを行います。

神経が生きている歯であっても、ずきずきする痛みや熱いものがしみる、咬んで響くなどの自覚症状がある場合は、神経の一部に細菌が感染している可能性が高いため、細菌に汚染された部分を取り除く治療が必要になる可能性が高く、型取りの前に1,2回通院していただくことがあります。

型取りを行ってから一週間後には詰め物が完成します。

(申し訳ありませんが、ジルコニアのみ二週間かかります。)

オールセラミックの特徴・治療費について詳しく知りたい方は

こちらをクリックしてください PDFが表示されます

費用は型取りから詰め物の接着までを合計しております。
型取りの費用は使用材料に関わらず5,000円頂戴して、詰め物を接着し終わった際に残金をお支払いいただきます。

材質の違いについて、ご説明いたします。

1.従来型ハイブリッドレジン
プラスチックの強度を高めた材料で割れることは稀ですが、天然の歯よりも早く磨り減ります。表面のツヤが早期に失われるため天然の歯との違和感が生じます。また、吸水性があるため食べ物や飲み物による着色が起こります。
お口を開けて目立つ場所にはお勧めしません。

2.ナノフィラー型ハイブリッドレジンSRアドーロ

表面のツヤが失われないよう改良されているので天然の歯と調和しやすくなったプラスチック材料です。吸水性が少ないので、着色も起こりづらくなっています。磨り減るスピードも抑えられていますが、天然の歯と強くかみ合う部位には推奨されていません。

3.オールセラミックスIPSe.Max

強度が高くツヤが失われる心配がないので、目立つ前歯から強度の必要な奥歯まで適用できる素材です。
着色の心配はありません。

4.ジルコニアタイザン・ジルコニア

セラミックであるにも関わらずヒビや割れを進行させない金属に近い性質を持っているため、審美治療への応用が飛躍的に増加しています。

特に、タイザン・ジルコニアは歯を削る量が最小限で済むため、歯をできるだけ削りたくない方や神経を残したまま白いかぶせ物を作製したい方にお勧めします。

型取りから接着までジルコニアは二週間、その他の素材では一週間お待ちいただきますが、お急ぎの場合、ナノフィラー型ハイブリッドレジンについては3日後の完成が可能です
繁忙期など対応が困難な際もありますので、事前にご相談下さい。
3日で完成の場合は、費用は割り増しで45,000円となります。

ご了承下さい。

--------------------------------------------------------------------------
 新潟市西区小針7-5-13
  松田歯科医院
 電話 025-234-1112

大きな地図で見る

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546727/54013155

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる治療の期間・費用は?:

自然な白い歯を取り戻すために役立つ情報です

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

患者さん、スタッフ、そして院長が満足できる歯科医院に成長したい!